047894
be12be18be20be24
72e39999
be21be11
58796
be1be2
4159873
be3be5
12398
be8be14
be16be17
1542256263018o
be9be10
be13be7
be9
be15be22
9nz4k95s
be6be19
259a37f8
be4be23
1542364951227o
te1te2te3
1545222356095o



私の名前は芽衣。
現在26歳で、独身。
会社務めをしている。

BlogPaint
親友の帆夏から結婚するという連絡をもらった。
お相手は、驚くことに小学校から高校までずっと同じだった大樹なのだ。
私は二人の結婚を祝福した。

BlogPaint
結婚から数か月後、帆夏から突然、電話がかかってきた。

「帆夏?幸せにしてるの?のろけをはじめるの?」

「・・・・大樹の暴力がひどくて、、、」

「本当に?大樹って、温厚な人だったけど。今度、大樹に会って話してみる」

「うん、、、、ありがとう、、、、」


私はどうしようか考えた。
DV癖は治らない。
女性に暴力を振るわないようにするには、、、、

実は、私には特殊な能力があるの。
男の人のキンタマを蹴ると、タイムスリップするというもの。
今まで、その能力を使って色々な問題を解決してきたから、今回もそうしてみることにした。

待ち合わせ場所に大樹が待っていた。

「大樹、久しぶり」

「おお、芽衣、元気か?」

「ところで、帆夏から聞いたんだけど、暴力をふるったりしてない?」

「あ~、ちょっとカッときて」

「そう、、、、ちょっとごめん」

BlogPaint
私は彼のキンタマを蹴り上げた。

BlogPaint
私は時空間を移動した。

BlogPaint
中学時代にタイムスリップしたようだ。
私は大樹に校舎の裏に来るように言った。

BlogPaint
「テメー、むかつくんだよ!!」

私は荒治療として、彼をコテンパンにのした。
女性に対する恐怖感を植え付けるためだ。
最後にキンタマを蹴り上げた。

BlogPaint
私は現在に戻った。
帆夏に連絡すると、別の男性と結婚していて、平和に暮らしているとのことだった。
私は安心した。
一方、大樹はどうなったか調べてみた。

BlogPaint
どうやら仕事もせず、引きこもり気味だそうだ。
私は強引に大樹に面会を求めた。

BlogPaint
「大樹、どうしちゃったの?」

「うん、、、、大学受験はうまくいかず、しょうがないから滑り止めに通ったんだ。就職活動もいいようにはいかず、あまり興味のない会社に入って、、、、」

「そうなの。仕事は探してるの?」

「う~~ん。なんか、力が出ないというか、、、、」

「しっかりなさい!なんか、消極的な感じに見えるわ」

「それもこれも君のせいなんだ!中学の時、僕をボコボコにしたよね。女の子にやられたから、自信を失ったんだ」

「そ、そうだったの、、、、」

私は責任を感じた。
どうにかしてあげなくては。

「大樹、ちょっと立ち上がってみて」

そして、私は金蹴りをした。

BlogPaint
「男って、意外とデリケートなのね、、、、」

BlogPaint
私は、高校時代にやって来た。

*** 後篇をどうぞ ***

チン3つ

【顔出しJK24】試着中の赤リップおしゃれJKのお尻に張り付く純白P。